完璧主義にならないこと

こんにちは。ニューヨークのインテリアデザイン事務所勤務、ただいま個人事務所と兼業でデザイン業を頑張っております、まりこです。今日は完璧主義をテーマに書こうと思います。 みなさん完璧主義ですか?わたしの周りは結構完璧主義の人が多いです。わたしは完璧主義だったがために過去に失敗もしているので、私生活ではなるべく80点くらいを目指して生きるようにしています。完璧を目指すと、挑戦するための瞬発力がなくなってしまうのがよくないです。できれば、その瞬間のベストを目指すのが理想。ということでこのブログも100点を目指さずに、ゆるゆると更新していこうと思います。笑 インテリアの仕事をしていると、プランをいろいろと変更していくことが余儀なくなります。当初の予定のイメージと変わっていったり、レイアウトが変わったり予算が削られたり、自分の理想と大幅に変わることも少なくありません。そういうことにすぐに対処して時々で判断していかなければいけません。ある意味、その時々でのベスト、100点の回答か、それ以上の点を出すのが当然のことで、問題への対処がこの仕事の鍵だと思っています。しかし、この完璧主義との折り合いみたいなことが私生活にシワ寄せがくるのです。。。どういうことかというと、プロジェクトであれば、その場での完璧、予算内での完璧を目指し、理想との折り合いをつけるのですが、私生活では「すべて自分のコントロールの範囲内であるのなら、完璧にできるはず」という重い足かせを自分に付けがちになるのです。なので冒頭でも言ったように、完璧を目指さない、といつも自分に言い聞かせています。 とくにわたし、最近のことなんですが、朝が苦手になってしまいました。9時5時でオフィスに出勤していた時は、朝6時に起きることが苦痛ではなかったし日中の運動量もあるので規則正しく寝れるのですが、最近の睡眠は夜の1時くらい、起床は8時半くらいです。これが夜早く寝ても起きるのは8時半くらいで変わらないので、苦しまぎれに寝るのを遅くしちゃいました。やはりほっておいたら夜型人間になっていきます。コロナでたぶんこういう人多いと思いますね。最初はたくさん寝れて幸せだなと思って良かったです。しかしこのプチ夜型にシフトしたことで、何が問題かというと、朝時間が取れないことですね、当たり前ですが。始業前に、自分の大きな目標を確認したり、考える時間や自分のしなければいけないことのリストなどを見たり、本を読んだりするのはやっぱり必要。少しだけでもそういう時間が取れれば一日の密度も変わってきます。夜型の人の脳みそってクリエイティブだとは思います。夜は何か作品を作ったり執筆したり、そういうことには向いているんですが、朝のほうが冷静な目で何かを見直したりできる気がします。ということで、8時半はちょっと遅すぎ、せめて7時半におきれるようにしたいです。。。かれこれ二週間くらい苦戦中。そして、何が苦しいかというと朝ちゃんと起きられない自分への自己嫌悪!これも完璧主義の弊害なのです。遅刻するなら欠席したいくらいの、叱られ恐怖症の生徒みたいな気分。笑  どう考えたってってもう少し早く起きたほうが効率が良いので本当に調整したいです。みなさんはコロナ後は何時くらいに起きていますか?どうやって早起きに変えれますか? どうか明日早起きできますように。 ではでは まりこ

NYの歩道に設置された建築の足場

今日はニューヨーク摂氏1度、初雪です~~~。 昨日の夜10時くらいに犬を散歩していたら、凍てつくような寒さだったのでこれは雪降るんじゃないかなと思いました。雪が降る前ってすごく寒いですよね。雪が降った後は逆にそこまで寒くなくなるのに不思議です。 雪が降ると私は犬の散歩のときは、近所の歩道に設置された建築の足場の下を主な散歩コースにしております。犬の足が汚れないからとても便利! ということで、今日のテーマは、ニューヨーカーから嫌われながらも愛されている、建築の足場!についてご紹介したいと思います。 この足場、ニューヨークにめっちゃ多くないですか? ニューヨークに来るとうっすら気づくことランキングの上位に入ります。 ちなみにわたしが思ったニューヨーク、ここが(うっすら)変だと思うところランキング 一位:歩いているとよくビルの中から柔軟剤の匂いがしてくる。 二位:道の真ん中からよく湯気が出ている。 三位:歩道の足場多すぎ 三位以降はまた別のブログテーマの時に書こうかと思います。さて本題の足場なんですが、とりあえずどんな感じか写真をどうぞ。 上の写真が従来の建築用の足場です。なんか薄暗くて感じ悪いですが、ニューヨークでは一ブロックに一箇所くらいはあります。 次の写真は、最近流行りの(?)足場。白くてLEDのライトが付いてますー!明るい! アーバンアンブレラところのデザインらしいです。https://www.urbanumbrella.com/ ニューヨークはビルが古いので、よく外壁の工事を行っていますが、外壁の工事自体は高いので、足場だけ組んで時間を延ばす作戦なのでしょうか。足場がずーーーーーっと組まれたまま、何も始まっていないビルをよく見かけます。落下物などで誰かが亡くなったこともあり、念には念を入れてとりあえず足場を組んでおいてるのでしょうか。。 とにかく足場が多いのでこういう歩行者の気分を明るくしてくれるデザインはとても助かります。 明日明後日は吹雪らしいです。またもこの足場の下で犬の散歩になりそうです。 ではまた! Mariko

Thank you for visiting my blog. My name is Mariko.

Hi all ! Thank you so much for visiting my blog. My name is Mariko Semba Martinez. I am originally from Japan and live and love New York City. I am an interior decorator, have established my company in 2015 to decorate apartments, houses, events, as well as drafting works, blue prints, furniture drawings andContinue reading “Thank you for visiting my blog. My name is Mariko.”

Visiting Construction Site 12/07/2020

Hi All, I visited my job site today, this is for the interior design company I have a contract with, so it is not only my personal work, but I am one of the manager for this project. I loooooove this job site, the reason is because I worked with everybody before, so I knowContinue reading “Visiting Construction Site 12/07/2020”

はじめまして

このブログを読んでくださったみなさん、はじめまして仙波真理子です。 数あるブログから、このブログを読んでくださって本当にありがとうございます。 わたしは日本生まれ、日本育ち、2011年からニューヨーク在住で現在インテリアデザイン事務所に勤務するデザイナーです。2015年から個人事務所も設立し、ほそぼそとですがインテリア関係の仕事をさせていただいています。現在も、インテリアデザイン事務所とのフリーランス契約をさせていただいているので、兼業という形です。 2017年にこのinterior-loverというドメインを取得してから、一年間日本語のみでブログを書いたのですが、なんだかんだ挫折してしまいました。そのころは自分から発信するということに消極的で、自分の殻を割るためにブログを書きだしたのですが、業務が忙しかったこともあり結果的にまた殻に閉じこもる始末。そのあとサイトの更新すらせず、結局私の処女作は闇に葬られました。そのころは、みんなのためになる役立つブログを書こう、みたいな自分の中に課題を課していた感があり、ちょっと背伸びしすぎた文体だったのが原因で書きたくなくなっちゃったのかもしれません。 今回、またブログを書きだしたのですが今回の目標は、等身大の自分のブログを書きたいという感じです。背伸びせず、でも日々自分の感じたことを見落とさないように、ちょっとした記録というか、ブログを読んで自分のことを見つめなおせたり、考えをまとめたり、自分のままで人とつながれるような、そんなブログにしたいと思っています。その上でもしできることなら、みなさんに役立つような情報を書ければと思っています。 タイトルにもあるように、ニューヨークのインテリアというテーマでブログを書く予定です。記事の半分は英語になる予定です。わたし自身、日本にいたころはニューヨークのインテリアにとても興味を持っていました。日本にいる皆さんにも少しでもニューヨークの最新インテリアトレンド情報みたいなものを知っていただけたらと思います。 もし何かお気づきの点や、ご意見があればぜひコメントかメールをください。 まりこ